普通、のどが渇いたら無意識に水分を補給しますが、「のどが渇いたな」と感じる時には、既に私たちの体は「脱水症状」を起こしています。

「のどの渇き」とは、水分補給を怠ると、体温は上昇し、体の温度を一定に保つため「汗」をかき、体外に熱を放出し、やがて血中水分量が低下し、電解質濃度バランスが崩れ、血中塩分濃度が高くなり水分不足を知らせるシステムに
なっています。

人間(成人)の体重のおよそ60%は水で、体の全細胞は水で構成され、水は体中で多くの重要な役割を果たしており、血液と共にブドウ糖や酸素、脂肪などの栄養素を活動筋肉へと運んだり、腎臓に吸収され、その後必要な栄養素は再度体に送り返し、不要代謝物質は尿として体外へ排出されます。

水は体温調節(身体を動かすと体温は上昇し、汗をかくことで体温を下げる)や、食べ物の消化にも役立っていますが、その他、十分な水補給することは、肝臓の働き、脂肪の燃焼、関節、代謝、食欲コントロールなどにも大きく関わってきます。


寝ている間にも、発汗によって体からコップ1杯の水分が失われると言います。
暑い日はもちろん風の通らない屋内や、湿度の高い日は汗もかきやすくなるため、汗をかいていないと思っても、意識して多めに水分補給する必要があり、運動をするとこの量よりもっとたくさんの水が必要になります。
その他、寒い時でも筋肉を動かすことで急激な体温の上昇でも起きる可能性がありますし、冬に暖房のよく効いた室内で厚着をしていて起こる場合もありますので、赤ちゃんやお年寄り病気で寝たっきりの時なども注意しましょう。
また、熱中症に陥ると、その場は良くなったようでも再発しやすい体内環境になっているので、一週間くらいは気を付けた方がよいようです。
とにかく無理は禁物です!!

水分補給を怠ると脱水症状に陥り、以下のようなことが起こります:
  • 血中の塩分濃度が高まるって血液がドロドロになる)
  • 血圧の低下・・・血液中の水分も汗として利用されるので、血中水分量が減る
  • 血液の量の減少
  • 血管の収縮
  • 心の機能の低下・・・上記の事が関わってくる
  • 運動機能の低下
  • 熱中症など、頭痛、めまい、吐き気、寒気
  • 体温の上昇・・・汗が足りなくなって、体温調節ができなくなる
  • 身体がだるくなる
  • 皮膚のかさつき
以上のように目に見えないかたちで水分は使われていて、水分補給は状況によって差はありますが、通常でも1日に約1.5ml〜2mlは必要と言われています。
もちろん、のどが渇いたから、汗をかいたからと言って、がぶがぶ水分を摂ると今度は血中のナトリウム(塩分)などのバランスが崩れ気持ち悪くなったりしますので、回数を分けて、少しずつ補給していきましょう。

また、
運動などをして体温が上がっている時は、冷たい水の方が良いそうです。
冷たい水は胃を通過するのが早く、速やかに胃から小腸、そして大腸へと水分は吸収され、運動によって上昇した体温や血中濃度を下げるという働きをします。
胃から腸へとすばやく吸収された水分は、腸の毛細血管を通り、脳の渇中枢(かつちゅうすう)に届き、「体は水分補給された」と情報処理されると言うことです。


もし、運動時間が長い場合、エネルギー補給のため、また発汗で失われた塩分やミネラル・ビタミン等の補給のためにも炭水化物が含まれたものを飲ことも必要になります

ただし、美味しい、冷たい、つい飲みすぎて逆に不調にならないように注意が必要です。
特にジュース類などの場合、糖分が高ければ高い程、胃を通過する時間がかかり、飲みすぎはビタミンB1不足を起こし、ビタミンB1が不足すると集中力の低下や体の疲労につながりますのでご注意ください。

水分補給のポイント…失った水分補給をしないと、ドライアイドライマウスや、血中の水分は減り血液がドロドロ
 になってしまいます。夏ばて防止(消化液不足の予防)、血液をサラサラにするにも水分補給は不可欠で、
のどが
 渇いたと感じた時には、すでに体内の水分量がかなり減っていて、のどの渇きを感じて飲むのでは遅いの  で、その前に水分補給しましょう

水分補給で気をつけたいことは、大まかに以下の内容です。

過剰な水分補給は、腎臓に負担がかかり体内の老廃物を処理しきれず体がだるく疲れやすく
  なったり、むくみをおこしやすくなる。

 水分が少なくても、頭痛・体温上昇・脈拍上昇などを起こしやすくなる。

 1度に多量の水分を摂ると、血中の塩分濃度が薄くなり、気分が悪くなること
  あるので
100〜200cc程度で細かに分けて水分を摂取するように心がける。

 水分補給では1.水、2.ミネラル分、3.糖質、4.アミノ酸の順で重要。

 長時間または多く発汗した場合、塩分も失っているので、水補給だけでは血液中の
  不足するので、水分補給の際カリウム、ナトリウムなどのミネラル分も摂取する。
 

  今年ご紹介している「酵素水」は、これらの条件を満たし、「酵素飲料」の糖分は消化済みで、体に負担をかける
 ことなく吸収もよいので、再度ご紹介します。

 「酵素水」に入れる酵素の量(ペットボトル水なら…水450ccに酵素50cc)は、あくまでも目安なので、体の状態、飲みやすさなど、試して調整してください。
酵素の場合、口にする時は既に炭水化物が消化された「ブドウ糖・果糖」になっていますし、ミネラルやビタミンB群なども含まれていますのでので、上記のような心配もなく、逆に疲労素などを取り去ってくれ、しかも短時間に吸収できるので体にも内臓も負担はかかりません。
   
人眼も動物も「水」は大切なのね。                   皆さん、いつまでもおいしいお水が飲めるように、水を少しでも汚さないようにしましょうね